ビキニラインの黒ずみに悩んでいる女性は意外と多いそうですが、黒ずみの原因としてまず考えられるのは、メラニンです。
メラニンは紫外線を受けると生成されるものと考えがちですが、摩擦などで刺激を受けた場合も、肌に防御反応が起こってメラニンが生成されます。
ビキニラインは常に下着のゴムが触れている部分であり、また、きつすぎるガードルやジーンズなどにより摩擦が起こりやすい部分です。摩擦による刺激でメラニンが生成されると、色素として沈着し、黒ずみの原因となります。
さらに、メラニンの生成に加えて、摩擦によって肌のターンオーバーが早まり、角質層が厚くなることで、角質がくすんだり黒ずんでくることもあります。
一度黒ずんでしまうとなかなか改善はされませんので、締め付けのきつい衣類は避ける、肌触りがソフトな天然素材の下着を身に付けるなど、気を配る必要があります。

Posted

デリケートゾーンの黒ずみが気になるからと言って、石鹸でゴシゴシしたり、過度なピーリングを行うことはやめましょう。デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素によるものです。メラニン色素は紫外線だけではなく、肌の乾燥などにより肌のバリア機能が落ちた部位が、蒸れや下着によって擦れたりすることで刺激を受けると、肌を守るために合成されるのです。

そのため、デリケートゾーンの黒ずみが気になるなら、その部位をしっかりと保湿して肌のバリア機能を高めることを心がけましょう。また、しっかり保湿することで肌のターンオーバーリズムが整い、古い角質と共にいらなくなったメラニン色素も排出されるので、徐々に黒ずみが気にならなくなってきます。しかし、デリケートゾーンの肌は、身体の他の部位の肌と比べて刺激を受けやすいので、保湿に使う化粧品はデリケートゾーンにも使えるクリームなどを使用するようにしましょう。

Posted